投資信託とか

【金融用語】REITのこと。不動産への投資信託(不動産からの収益を投資家へ還元する金融商品で証券のものなど)を定義する表現であります。例外的に、日本の投信法の定義のとおりの日本版のREIT(J-REIT)のことを単にREITと指す場合がある。
タンス預金の常識⇒物価上昇の(インフレ)局面では、その上昇分現金は価値が目減りするという現実。いますぐ暮らしに準備しておく必要のない資金は、どうせなら安全、そして金利が付く商品に資金を移した方がよいだろう。
【知っておきたい】金貨について⇒カンガルー金貨(オーストラリア、地金型)、メイプルリーフ金貨(カナダ:裏面にサトウカエデの葉)、イーグル金貨(もともとは10ドル金貨の名称であった)、世界最大の金貨で知られたウィーン金貨(2004年の限定コインは1000トロイオンス)といった金貨(銀貨、プラチナ貨)などの購入を続ける金融商品のこと。
もしも、投資についての必要な情報収集が嫌いだったり時間がない人は、証券会社など専門家に自己資金の運用を任せるとか、研究や情報収集がさほど重要ではない金融商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)での取引を選択するのが当たり前。
【ポイント】株式への投資では、株式発行した企業が発展することによって、好影響がありご存じのインカムゲイン(和製英語: income + gain株式の配当金であったり利息で得られる利益など)といった収入を手に入れられるのだ。
金融において投資とは、保有する様々な金融資本を経済活動や経営活動、市場を通じて危うさの存在する投資対象に出資すること。資本を投じる対象は多様なタイプの金融商品・投資資産がある。
【用語】アセットアロケーションに関する知識。アセットアロケーション(投資配分)というものは一度出来上がったらおしまいではないのです。すでにあるアセットアロケーションの運用状況を常時点検し続けることが最重要になります。
【トラブル】「仕手」について⇒一部の投資家が意図をもって株価の上げ下げを狙う投機手段となり、これは違法行為に該当しますが、将来においても、この行為が株式市場で行われなくなることは無いと思われる。
【ポイント】カバード・ワラントって?ゴールドマン・サックスで有名なeワラントおよびポケ株ワラント(株そのものを買うのではなく株を売買する権利)などの手軽な商品があり、基本的にはちょっとした資金でも取引可能であることが大きな魅力なのである。
【用語】保険:突然発生する事故が原因で生じた財産上の損失を最小限にするために、同じような複数の者がそれぞれの保険料を掛け金として納め、準備した資金によって予測できない事故が発生した者に掛け金に応じた保険金を給付する仕組みなのです。
紹介しよう「銀行の運営なんてものはその銀行に信頼があって順調に進むか、そうでなければ融資するほど値打ちがあるとは言えない銀行だと理解されて失敗するかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
政府及び金融当局は市場の一般的な規律と投資家自らの自己責任原則を土台とし、分かりやすいルールに基づいた透明かつ公平な行政を徹底執行することを目的に、特に専門性の高い検査、そして監督を常に実行しているのである。
これからも日本国内におけるどんな銀行でも、広く国際的な市場や取引など金融規制等の強化も視野に入れて、経営の一段の強化や合併や統合等を含む組織再編成などに精力的な取り組みが行われています。
【学習】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文を出発点に展開された経済学)では、投資家による投資はその後の追加投資によって考えられる利潤率(利益を得られる、資本の限界効率)がその際の利子率(貸借に対する金利または利息)に及ぶまで実行されるものとされている。
【投資商品】外国為替市場という用語は、外国為替(通貨が異なる国と国の貸借関係などを信用手段によって決済する方法)取引などが行われている場を指す名称なのです。しばしば外為市場(がいためしじょう)というふうに省略することもあり、一般には銀行間のみで取引する市場為替銀行間取引が実行される場を指す言葉。