中古自動車査定士

中古自動車査定士とは、日本自動車査定協会が主催する中古車査定の民間資格です。実際の査定では資格保有は義務付けられていませんが、資格がある・なしとでは、査定を依頼する方から寄せられる信頼度も異なります。資格を持たない営業スタッフが多い買取業者の中で、中古自動車査定士の資格を持っていることは、一つの武器となるでしょう。中古自動車査定士には、小型車と大型車査定士の2種類があり、どちらも3日間の講習を修了することと、技能検定試験に合格することが資格取得の条件となります。

バスや大型貨物車以外の乗用車はすべて小型車査定士の資格の範囲ですので、自動車販売店の新任スタッフの方は、そちらだけでも取得することをお勧めします。受験資格は、小型車査定士受験者が普通運転免許以上、大型車査定士受験者が大型第1種運転免許以上を取得していることに加え、自動車の販売・整備の経験を半年以上していることが条件となります。技能検定試験は、各都道府県の査定協会支所にて毎年6月と12月にそれぞれ実施されます。試験合格後は、査定協会に登録することが必要です。

車買取 横浜

純正パーツは高いね

中古車を査定してもらうときに値段に多大な影響を及ぼすのもといえば何だと思いますか?そう、それはパーツなんですよ。これに重点を置いて高額査定を出そうとしている輩もいるって話ですよ。なもんで、その頭の中にパーツかなり大切な部分だとうことをこれでもかと刻み込んでおいてくださいね。じゃあ、どんなのが評価されるのかってことなんですが、それはやっぱり純正で付いてるやつでしょうね。

なんだかんだ言っても純正品なんですよパーツなんて。だって高くないですか、純正のカーナビとかカーステとかって。ムダに高い感じがするのは私だけじゃないと思いますよ。ねえそうでしょ。なので、中古車を売りに出すときはしっかりそのところを言ってやったほうがいいですよ。やつら、こっちのことをアホだと思ってるんで。

それはおいといて、純正パーツはきっちり動くかは大事なところなんで、ちゃんと動くやつ持って行きましょうね。いくら良い純正のパーツ持ってたって動かなくちゃあ、意味なんて無いんですよ。分かってると思いますが。

古い車買取